エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

スタッフブログ

STAFF BLOG

2018年05月01日(火)
おトクなきっぷをフル活用!グリーン車に乗りまくる四国一周の旅Vol.1

私は毎年9月になると、四国一周の旅に出ています。その理由は、JR四国が発売している「バースデイきっぷ」でおトクに旅行できるから。
誕生月の連続3日間、特急列車を含めた四国内のJR線に乗り放題という、私のような旅人には垂涎モノであります。バースデイきっぷの詳細はこちらから(外部リンク)
昨年9月末の旅行を振り返ってみましょう。

 

●基本旅程
ぷらっとフリープラン山陰・四国(発売:JR東海ツアーズ)
浜松=岡山の新幹線指定席と、岡山=高松の乗車券がセットになっています。
1泊目は高松、2泊目は高知のホテルを選択しました。

 

●四国島内
バースデイきっぷ(グリーン用)
事前に席の指定を受けることで、グリーン車にも乗り放題です。

 

●撮影機材
カシオ EX-ZR850
Apple iPhone5S
Apple iPod
(一部の画像はLine Cameraで加工しています)

 

 

1日目 浜松から四国入り

始発2本目となる「こだま695号」で名古屋まで。平日は普通車全車自由席となっています。
名古屋では3分の待ち合わせで「のぞみ3号」へ乗り換えて一路岡山へ。

さて、「岡山へ着いて何をしようか」となるわけです。
前回訪問時に、岡山城など中心部の観光や路面電車の乗車も済ませているし…

 

 

あ、バスに乗ってないじゃん!!

 

 

本数が多く折り返し乗車できそうな路線をChoiceしつつ、バスマニア目線で(笑)レアな車両が来たので
岡山大学病院まで。大都市はおろか、浜松ぐらいの地方都市でもレアな存在になってきたツーステップバス。(注:各事業者により事情は異なります。)

 

岡山駅前には複数のバス事業者が乗入れており、趣味目線ではたまらない場所となっています(笑)

 

さて、マリンライナーに乗車して瀬戸大橋を渡ります。
鉄仮面のような2階建て先頭車は指定席になっています。(1階が普通車指定席、2階と運転台直後がグリーン車指定席です)
前回は、2階席にチャレンジしましたが、今回は運転台直後に4席しかない「パノラマ席」を確保。
(※余談ですが、この席は券売機でも「マリン・パノラマ」という列車名で扱われており、通常の指定席とは完全に別扱いです。)

運転台直後で、運転士さんと同じ空間にいるような感覚になり、若干の気まずさは否定できません(苦笑)
岡山発車直後から小雨が降り出し、やや残念。
瀬戸大橋の設計や建設に関わった人々に思いを馳せ、曇り空の下に浮かぶ瀬戸内海の島々を眺めます。

1時間少々で終点の高松駅に到着。
1年ぶりの光景!「ただいま!」と言いたくなるこの気持ち。
そしてウィリーウィンキー!四国!(注:四国の駅に必ずあるパン屋さんです)

今回の宿は高松ですが、その前に徳島も訪問します。
そのまま特急で行ってもいいのですが、そこはマニア。
クセのあるルートを選択します。

 

 

~ことでんバス、ことでん電車、海の車窓、終着駅~

 

100円循環バスで市内を巡りながら瓦町駅へ。
瓦町からはことでんに初乗車。
終点に近づくにつれて、車窓から海が望めます。
終点の琴電志度駅は、本当に行き止まり。

 

~平賀源内、特急うずしお、まめちゃん弁当~

 

お昼が近くなってきたので、事前にGoogleでどこか食事処がないか検索するも、目処が立たず…
駅前にある「まめちゃん」でお弁当を調達。
特急うずしおは指定席が満席でしたが、辛うじて自由席を確保。
(写っていませんが)白ワインとハンバーグ弁当という妙な組み合わせではあるものの昼食にありつけました。
志度駅のある「さぬき市」は、平賀源内の生誕地だったんですね。初知り…

徳島駅〜[特急剣山7号]〜阿波池田駅〜[特急南風号]〜宇多津駅

徳島駅に到着。前回も徳島は訪問していますが、今回は生憎の雨。
駅前からそごうがお出迎え、ペデストリアンデッキもあって意外と(失礼!)都会じゃないですか!!
前回訪問時に市内の散策は済ませていますし雨天なので、未乗区間の「JR徳島線」(徳島~阿波池田)に乗ることに。
阿波池田からは岡山行きの「特急南風号」のグリーン車。力強いエンジン音で土讃線を飛ばしていきます。

 

 

宇多津駅〜[特急いしづち号]〜高松駅

宇多津駅からは、高松行きの「特急いしづち」。グリーン車は連結されていないので普通車指定席で。
来ました!新型の8600系!(登場から何年か経ってはいますが…)
可動式の枕は、人によって評価が分かれるところですが、今回はGood。(バスの可動式枕はどうしても苦手です…)
これより古い8000系もまだ現役ですし、座席もリニューアルされていますが、やはり新型車両に軍配が上がりますね。

高松駅〜[特急いしづち]〜坂出駅〜[快速マリンライナー]〜高松駅

高松へ舞い戻り宿にチェックイン。
夕食を何にしようと思いあぐねていたら、「そばが食べたい!」と思いました。
GoogleMapで検索してみますと、坂出駅から徒歩圏内に蕎麦屋があることが発覚!
フリーきっぷで特急列車にも乗れますので、いざ出発。
指定席は満席でしたので、デッキ立ち席です。

坂出駅から徒歩10分程度で「まえかわ」に到着。20時までの営業とのことで、私が最後の客の様子。
珍しそうな「すだちそば」を注文すると、「すだち」の掛け汁まで来てタブルの「すだち」に(笑)
美味しく頂いて、マリンライナーのグリーン車で宿へ帰還。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1日目は終日曇天or小雨ではありましたが、四国鉄道の旅を存分に楽しむことができました。
2日目は、高松から高知へ向かいます。
次回の記事もご期待ください。

The following two tabs change content below.
松本純

松本純

カワウソと路線バスをこよなく愛する25歳。浜松店の運営リーダーやってます。イケメンではないです。
 
一覧へ戻る
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ