エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

スタッフブログ

STAFF BLOG

【会員様紹介】しつもんメンタルトレーナー 宮野ゆうきさん
本日ご紹介させて頂く会員様は、宮野ゆうきさんです。

 

 

宮野さんは、
・大人と子どもの運動教室(https://studiozero2014.com/くまの運動教室/)

 

 

・しつもんメンタルトレーナー(https://studiozero2014.com/くまのしつもんメンタル/)
として活躍してしていらっしゃいます。

 

運動教室では、
身体を動かす楽しみや体力作りから、身体の使い方や自分の心について考え学ぶ方法を指導。

 

しつもんメンタルトレーナーとしては、質問を通して自分自身と向き合うワークを、選手や保護者、運動指導者などへ向けて開催していらっしゃいます。

 

【しつもんメンタルトレーニングとは?】
“しつもん”をすることを通じて、子どもたちのやる気や自ら考える力や、メンタルトレーニングのスキルを高めるアプローチを伝える。
http://shimt.jp/?page_id=5


子ども達の身体、そして心の成長を支える宮野さんに、
今のお仕事を初めた経緯をお伺いしました。


「もともとはスポーツクラブで働いていました。
プール教室のインストラクター、運動のサポート、イベントの企画や運営などを行っていました。

しかし環境の変化などがあり、「自分でやっていこう」と思うようになり、4年前に起業しました。

初めは大人の方向けの運動教室を運営していたのですが、
たまたま知り合った方から、「小学生のバレーボールチームの指導をしてもらえませんか?」と声を掛けて頂きました。
私自身、学生時代からバレーをやっていたので、「やってみよう!」と思い承諾しました。

しかし、当時のチームは、勝てるはずのチームに負けてしまい、自信を失っていました。
技術の前に、まずはどうすればより前向きにプレーをできるのかを考えました。
子ども達と面談を重ね、モチベーションの向上に努めました。

そして1年後には、チームは全国大会出場を果たすことができました。

その中で私自身、「もっと子ども達の指導をしたい」と考え、自分でも子ども向けの運動教室を行うようになっていきました。
「どのようにすれば、より子ども達の能力を引き出せるのか?」を考え、模索していくなかで
“しつもんメンタルトレーニング”に出会ったのです。」


選手も保護者も前向きな考えを持ち、全国大会出場のチームを作りをサポートした、宮野さん。

どんな声かけをするのか、どのようにすれば能力を引き出せるのか?
子どもの場合はなおさら、声の掛け方ひとつで影響は大きく変わっていくのだと思いました。


そんな宮野さんが大切している”しつもん”。
質問を通すことで、一体何が得られるのでしょうか?





「子ども達って、私達大人が思っている以上に、たくさんのことを考え、思っているのです。
しかし、それを口に出して伝えられる子供は少数です。

「間違っていたら、どうしよう。」、「怒られるかもしれない。」
育ってきた環境によっては、そのように思う子どももいます。

その中で、いかに子どもたちの考えや思いを引き出すのか?
それはやはり”しつもん”次第なのです。
どんな”しつもん”をするかによって、子ども達の反応はまるで違います。


ほとんどの場合、指導者はすでに”答え”を持って、子どもに質問をします。
それによって子ども達は、’大人が求める正解を答えなければいけない’と考えてしまいます。

その考えをなくすことで、子ども達から様々な発想が生まれ、考えが豊かになっていきます。
そして、自分で考え、判断できるようになっていくのです。

私が子ども達の指導をすることで、大切にしていることが3つあります。

・考えたことすべてが正解
・わからないも正解
・相手の意見も受け止める

これらを通して、子供達にとって安心な場をつくってあげたいと考えています。


子供達にはスポーツを行う上で、上手くなって結果を出してほしいと考えています。
しかしそれ以上に、スポーツを楽しんでほしいとも思っています。

そのためにも指導者が上手に”しつもん”をし、子供の気持ちを引き出すことで、もっとスポーツを好きになってほしいです。

上手になっても、なれくても、
結果が出せても、出せなくても、
エースでも、エースじゃなくても

スポーツをやる上では、みんなが主役なのです。
誰もが楽しんで行えるのです。

そのことを”しつもん”を通して、伝えていきたいと思います。」




指導者はすでに”答え”を持って、子供に質問をしている。
その言葉にハッとしました。

僕自身、甥っ子や姪っ子にサッカーやテニスを教えることがあるのですが、すぐに答えを教えていました。
「こうすれば上手くいくよ。」

しかしそれでは、子供のためにはならなかったのです。

自分で考え、答えを見つけることで、本当の糧になっていくのです。
そして周りの大人はそれをサポートするだけで良かったのです。


これから何かを伝えるときには、その考えを大切にしなければいけないなと感じました。
宮野さんのお話を聞く中で、僕自身がとても成長できました。



最後に宮野さんから、皆さんへメッセージです。

「しつもんメンタルトレーナーの養成講座を開催致します!

指導者や会社の経営者、部下を持つ人、学校の先生、そしてお母さん方に向けて、
なりたい自分になるための質問の仕方や、やる気を引き出す声かけの方法などをお伝えします。

https://studiozero2014.com/インストラクター養成講座/


そして夏休みには、特別企画として、
5チーム限定のメンタルトレーニングを行います!

小学校4年生〜高校生の部活や、クラブチーム向けのメンタルトレーニングになります。
目標設定や目標達成への行動、コミュニケーション能力の向上や、チームとしての行動の取り方などをお伝えします。

http://studiozero2014.wixsite.com/shitsumon/blank-12


またエニシアでもコミュニティを開催しております。
http://event.enicia.net/?p=1932
ご興味のある方、是非ご参加ください。」
The following two tabs change content below.
中村 真二

中村 真二

てんかんという病気を持ちながら、講演活動をしています! 顔濃いめです。 サッカーと映画の話には、もれなく食いつきます。
 
一覧へ戻る
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ