エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

エニシア会員様ご紹介

REAL VOICE

2018年09月25日(火)

ホームページ作成×結婚相談所

【会員様紹介】ホームページ作成×結婚相談所 鈴木伸聡さん

今回ご紹介させて頂く会員様は、鈴木伸聡さんです。

 

鈴木さんは現在、

・green days 代表

・浜松市結婚相談サロンWith 代表

として活躍されていらっしゃいます。

 

green daysでは、

企業・会社・店舗向けのホームページ制作、ネットショップ・ECサイト構築、ポータルサイト構築、ホームページ・サイト運用サポートなどのお仕事をされていらっしゃいます。

 

 

浜松市結婚相談サロンWithでは、

green daysで培ったノウハウを元に、結婚相談所サイトの運営を行っております。

 

ホームページ制作と結婚相談所?

異なる2つの業種を営む鈴木さんに、現在のお仕事に至るまでの経緯をお伺いしました。

 

 

「高校卒業後は、パソコン関係の専門学校に行きました。しかしそこでの成績は中くらいでした。

悩んだあげく専門学校卒業後は、工場に勤めました。

その後色々な仕事をしたのですが、25歳くらいのときに、’このままじゃまずいな’という危機感を抱いたのです。

 

そのときに自分に何が出来るのか考えたときに、やはり、’パソコン関係の仕事をしたい’と思いました。

 

それから、インターネットショップのサポート業務をする会社に入社し、サイトデータの移行や、カートシステムの開発ディレクターなどの運営のサポートをするようになっていきました。

 

その会社で7年勤めたのち、ホームページの制作や、パソコンのメンテナンスなどをする会社に転職しました。そこでホームページ制作を磨かれていったんです。

 

そこで経験を積んだのち、自分で起業することにしました。

 

しかしこの業界は、流れが早く、新たな技術やサービスが次々に生まれていきます。

お客様に提供する前に、自分でその技術やサービスを扱う必要があると考えていました。

 

そのタイミングで知り合いから、’結婚相談所やってみない?’と声を掛けて頂きました。

少し悩みましたが、人の幸せに間近で携える素晴らしい仕事であると思いました。

 

また、やるのであればWebでの集客がメインになると考えていました。

 

自分で実際にWebサイトを運営することで、Web活用の知識だけではない活きたノウハウを身につけられ、

その活きたノウハウをまたホームページ制作事業で展開することでサービスのブラッシュアップができると考えました。

 

そんな理由から’やってみよう’と思い、結婚相談所も始めることになりました。


実は私自身、2度の結婚を経験しています。結婚生活の楽しさ、辛さなどの経験を伝えることで幸せのサポートが出来るのではないかな、ともそこで思いました。

 

こうして、ホームページ制作と結婚相談所という全く違う2つの業種を行うことになっていったのです。」

 

 

一見してみると全くの別事業ですが、

ホームページ制作には、結婚相談所での運営実績が必要であり、

結婚相談所には、ホームページ運営が必要と、それぞれが補完し合っていたのですね。

 

とても興味深い仕事の展開方法だなと感じました。

 

 

そんな鈴木さんにはホームページを制作することに、’あること’を気をつけているそうです。

 

 

 

 

「ホームページを制作させて頂くときに大事にしていることは、’その人にあったものを制作する’ということです。

 

制作をする前に、’なんのためにホームページが必要なのか’をしっかりとヒアリングさせて頂きます。

そしてお聞きした内容に対して提案をさせて頂き、オーダーメイドで制作していきます。

 

 

例えば、不動産会社がホームページを制作するときに、そのホームページに賃貸物件の情報って掲載した方がいいと思いますか?

 

掲載した方がいいと思うかもしれませんが、実はそんなに必要はないのです。

 

賃貸物件を探すとき、多くの人が賃貸ポータルサイトを見ます。’SUUMO’、とか’CHINTAI’などですね。

いくら会社のホームページに物件情報を掲載しても、そちらのサイトには勝てないんですね。

 

では何を掲載すればいいのでしょう?

ポータルサイトで物件を見た方が、’どんな会社が取り扱っているのかな?’と思ったときにホームページで検索することがあります。

そのときに必要なことは、’信頼’や’安心’などです。どんな会社で、どんなスタッフがいるのか。そういった情報の方が閲覧する方に取っては有益な情報だったりするのです。

 

 

このように制作する会社や人によって、そのホームページに何が必要なのかは大きく変わってきます。

 

ホームページを制作する必要がない方には、’今はまだ必要ないのではないですか?’と提案することもあります。

 

リピーターのお客さんを増やしたいというエステ経営の方には、

ホームページではなく、ライン@やクーポンの作成などを提案したりもしました。

 

その人に合ったものを提案、提供することで、

本当の意味でお客さんのためになるサポートを行いたいと思っています。」

 

 

”何のためにホームページが必要なのか?”

確かにとても大切なことですね。

 

ホームページを作っても、ただ作っただけではまるで意味がありません。

誰のために、何のために必要なのか?

そしてどういったサービス、情報を提供するべきなのか?

 

そこまで一緒になって考えてくれる鈴木さん。

僕自身も今回の取材の中で、ホームページ運営のヒントをたくさん頂きました。

ホームページ制作を考えている方には、是非一度話しを聞いて欲しいと思います。

 

そんな鈴木さん、現在

ウェブデザイナー

の方と繋がりたいということ。

 

もし気になる方がいらっしゃったら、鈴木さん、もしくはエニシアスタッフまでお声がけください!

他にもホームページ制作、運営でお困りの方もお待ちしております。

 

green days お問い合わせ

 

浜松市結婚相談サロンWith お問い合わせ

 

The following two tabs change content below.
中村 真二
てんかんという病気になってから感じたことを伝えるために、全国各地で講演活動行う。 病気に対する考え方を伝えたり、てんかんの正しい認知のために、47都道府県での講演を目指す。 http://shinjinakamura.com/
 
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ