エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

スタッフブログ

STAFF BLOG

2018年11月14日(水)
浜松という地方発でコワーキングスペースを2年半運営して見えたこと(サービス規模編)

こんにちは、浜松店の松本です。

私が入社したのは2016年9月。1号店の浜松店がオープンしてまだ半年、名古屋エリアも名駅・栄の2店舗だけでした。
あれから2年が経った今、エニシアがどこまで成長したのかを簡単に振り返るシリーズ記事となります。

先日、はままつトライアルオフィスでピッチへ登壇したときの資料も使いながら解説していきます。

 

ユーザー数の増加

エニシアの会員数増加グラフ

オープンするときには「こんな田舎でやっても人は集まらない」と散々言われていたようです(弊社代表談)。
しかし、蓋を開けてみればこのスタートダッシュ。
注目していただきたいのは左端のライン。最初の数ヶ月で一気に300人弱のユーザーを獲得できました。

この記事を書いている11月7日時点で2911人です。(追記:11月11日には2967人)

 

 

着実にユーザー数が伸びている

浜松店単独で見ると、ここ2年の純増は合計150人ほど。新規契約と解約がそれぞれ発生していますので、オープン直後の爆発的増加は見られません。しかし、人口80万人規模の都市であることを差し引いても、コワーキングスペースの会員が単一店舗で700人弱というのは相当すごい数字です。

特に静岡マルイ店の増加ペースは尋常ではありません。多いときには月90人、月平均でも40人前後の増加数です。

 

 

相互利用の効果は絶大

エニシアは東海地方に集中して出店していますが、これが功を奏するのが相互利用です。特に、浜松ー静岡、浜松ー名古屋、名古屋ー岐阜のように近いエリアで相互利用しているユーザーが非常に多いです。これは多店舗展開だからこその恩恵とも言えますね。

 

 

 

気になった方はお問い合わせください

この記事を読んで「エニシアすごい!」「運営側の話も聞いてみたい!」「イベントやピッチに登壇してほしい!」などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
エニシアのビジネスモデルに関しては、フランチャイズ加盟店向けの資料(外部リンク)で詳しく説明されています。

お問い合わせフォーム、または公式TwitterアカウントのDMからどうぞ。

フランチャイズ加盟に関する件はお問い合わせフォーム、それ以外の件や私と連絡を取りたい場合にはDMがオススメです。

The following two tabs change content below.
松本純

松本純

1992年生まれの26歳。学習塾の教室長、名古屋・首都圏のベンチャーを経て入社し、早2年半。 運行管理者の資格を持ち、Startup Weekendの運営に関わり、国内B級エリアを1人で旅しながら、浜松店の運営リーダーやってます。エニシアのTwitterの中の人。店舗で見かけたらお気軽にお声掛けください。
 
一覧へ戻る
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ