エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

エニシア会員様ご紹介

REAL VOICE

2018年11月20日(火)

副業を本業に

【会員様紹介】副業を本業に。山下直也さん

今回ご紹介させて頂く会員様は、山下直也さんです。

 

 

山下さんは現在、ネット物販のお仕事をしていらっしゃいます。

 

自ら商品を仕入れ、Amazonやヤフーオークション、ネットショップで販売しているそうです。

そんな山下さんですが、元々は会社員として働いていらっしゃいました。

 

なぜ、今の仕事を始めることになったのかをお伺いしました。

 

 

「大学卒業後は、車の部品開発の仕事に就きました。

元々車が好きで、自分でもカスタマイズしたりしていました。

 

 

初めは、関東の方で就職したのですが、転職や転勤が続いて、静岡県、愛知県内を転々とするようになっていきました。

愛知にいたときに結婚したのですが、その後静岡に転勤になったときに、妻も一緒に来てもらったんですね。

 

しかし、転勤をしたことで、妻の周りには知り合いがおらず、子供も小さかったので、かなりのストレスを与えていたことに気がつきました。

 

’妻のために何かサポートしなければいけないな…’と思ったときに、会社にとらわれない働き方を探すようになりました。

個人で仕事をすれば、仕事の時間も融通が利くし、家事や育児も手伝えると思ったからです。

 

’何かないかなぁ…’と探しているときに、ネット物販を知り、まずは副業として始めることにしました。

その後、結果が出て手応えを掴んできたので、仕事を退職し、今はそちら1本で仕事をしています。」

 

 

奥さんのために、個人で仕事をすることを選択した山下さん。

とてもかっこいいですよね。

 

 

副業や兼業を許可する企業も増えてきて、’働き方改革’が話題にあがる昨今、

それを体現してしまう山下さんは、今の時代に乗った働き方をしているのではないでしょうか。

 

今現在、’副業をしたい’と考えている会社員の方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にとって、山下さんは先駆者だと思います。

 

ではなぜ、山下さんはネット販売を副業として始め、うまくいったのでしょうか?

 

 

 

「ネット物販を始めようと思ったのは、単純に’早く結果が欲しい’と思ったからです。

アフィリエイトなどの方法もあったのですが、ネット物販の方が比較的早く結果出やすいのです。

 

そして魅力の一つに、’低資金で始められる’というのもあります。

”モノを売るのだから、仕入れにコストが掛かるのでは?”

と思うかもしれませんが、実際にはそこを補うカラクリがあります。

 

まず仕入れる商品を、クレジットカードで購入します。

クレジットカードで購入することで、決済されるまでは、実質お金は掛かっていません。

その間に商品を売ってしまえばいいのです。

 

Amazonの場合、2週間に1度売上が振り込まれるので、仕入れ判断を間違えなければ、仕入れの支払いより先に、売上を手に入れることが可能になります。

それに顧客への配送や在庫管理も行ってくれるサービスもあるので、副業としてやるにはとてもハードルが低く始められると思います。

 

Amazonで販売されている商品の売れ行きは、簡単に調べることが出来るので、大きく失敗することも少ないですね。

 

もちろん、軌道に載せるのには、知識や経験は必要ですが、

ちゃんとしたノウハウを実践することで、誰でも結果が出るビジネスだと思います。

なので、上手くいくかどうかではなく、”やるかやらないのか”の差だと思います。

 

’時間がないから…’という理由でやらない人もいますが、それはみんな同じです。

今までと同じような生活、みんなと同じような生活を送っていても、何も変わりません。

その中でいかに時間を作ってやるのか。

 

時間を作って実践したので、結果が出た。ただそれだけのことなのかなと思っています。」

 

 

実際に行動に移している方の言葉は、説得力がありますね。

 

’やるのかやらないのか’

確かにとても大切なことだと思います。

 

何においても行動できるのかどうかって、とても大切ですからね。

 

 

そして山下さんは、実際に行動したことで、ある’変化’が起きたそうです。

 

 

 

「会社を辞め、自分でやってみる事で、仕事への考え方が大きく変わりました。

 

会社員のときは、上からの指示で仕事を行っていたのですが、

”今の仕事は何のためにやっているんだろう”

”この仕事は本当に活かされているのだろうか”

という事もあり、なんとなくで仕事をしていました。

 

正直なところ、’どうすれば早く帰れるのか’と考えて仕事をしていました。笑

 

しかし自分で仕事をするようになってからは、

ビジョンや目標を自分で立て、それを達成するために努力します。

 

上手くいかなければ、原因を考え、また頑張ります。

それで達成できたときは、やっぱり嬉しいですからね。

それは会社員時代にはなかった想いかな、とは思います。

 

結果が出るかどうかは自分次第なんですね。

責任が伴いますが、その分本気になれて、かつ楽しく、自由です

退職し、自分で仕事を行うことで、仕事がより楽しく行えるようになっています。」

 

 

会社を辞めるというのは、すごく勇気がいることだと思います。

それでも仕事を辞め、結果的に以前よりも仕事が楽しく、意義を持って行えているというのは、理想的なことなのではないでしょうか。

 

最後に山下さんに、今後の展望をお伺いしました。

 

 

「現在は、3名のスタッフと行っているのですが、‘継続性’というところで苦戦しています。

仕組み化を進めていくことで、より効率良く仕事を行えるようにしていきたいですね。

 

他にも、WEBサイト運営の仕事にも興味があるので、物販がある程度仕組み化できたら少しづつ行っていきたい考えています。

 

あとは、エニシアばかりにいないで、家族との時間をもっとゆっくり取りたいですね。笑」

 

 

山下さんはほぼ毎日エニシアをご利用頂いております。

週5で入っているスタッフよりも、いらっしゃると思います。笑

 

今後の益々のご活躍を楽しみにしております。

The following two tabs change content below.
中村 真二
てんかんという病気になってから感じたことを伝えるために、全国各地で講演活動行う。 病気に対する考え方を伝えたり、てんかんの正しい認知のために、47都道府県での講演を目指す。 http://shinjinakamura.com/
 
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ