エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

スタッフブログ

STAFF BLOG

旅してみたい「ロンボク島」

皆様、こんにちは

エニシア静岡マルイ店の長谷川です。

 

旅行が大好きな私は

現在、2月のトルコ旅行に向けてがんばって働いています!

トルコの耳寄り情報がありましたら是非教えてくださいね^^

 

さて、今回はそんな旅行好きな私も行ってみたい!と思う

ロンボク島についてご紹介します。

「ご紹介します」とはいっても一度も訪れたことがありませんので

あくまで、旅行好きの目線から「こんなポイントが気になる!」というポイントをレポートしたいと思います。

 

ちなみに、日本でロンボク島を耳にする機会はあまりないかと思いますが

実は、「第二のバリ」と言われるリゾート地として今、名を広めている場所なんです。

インドネシアの中で、ロンボク島はバリの隣の島です。

しかし、ロンボク特有のカルチャーが見られるそうなのです!

何となく、バリの隣だし、同じインドネシアに属す島だから

同じなんじゃないかと思われるかと思いますが、どうやら違うようなのです。

 

 

 

 

この本のざっくりとした説明では

「ロンボクでバリ的なものを見れても、バリでロンボク的なものを見ることは出来ない。」とあります。

それは興味がそそられる!!

やはり旅の醍醐味は「そこにしかない」なにかを体感すること

 

「ロンボク島にしかない」って何だろう?

まず、ロンボク島に住む人口のなんと9割が古代インドやミャンマーから渡来したと言われるササック族だそうです。

残りの1割がバリ人。少数に中国、アラブ、ジャワ人。

そして、宗教もイスラム、土着信仰のほかにも多様な信仰があるとか。

つまり!!色々な考えがごちゃまぜになっていて面白そう!

まだまだ開発されていない土地で見たことのない習慣や文化、食べ物に出会えそう!

ワクワクしますね!

 

気になる現地での食べ物は

インドネシア料理の定番であるナシゴレンやミーゴレンはもちろん

それから美味しそうな南国のフルーツ。

レストランではハンバーガーなどもあるそうなので

現地の食べ物が口に合わないかもっと不安な方も安心ですね。

 

そして、なんといっても

絶対に行きたいのはビーチです。

 

もう、キレイ、、、いや、美しいとしか言いようがないですね。

まだまだ未開発の島ですから静かに海を漫喫できるのもステキなポイント

もっと気になる方は

フリースペースにおいてあるこちらの本もチェック!

 

 

実はNEXTグループのPT LOMBOK  NEXT PARTNERSは

『ロンボク島』への企業の進出、不動産投資、現地視察、口座開設、情報提供など、

現地ネットワークとの協力により、多方面でのサポートサービスを展開しております。

また、視察ツアーなどもございますので気になる方はビジネスをしながら

ロンボク島を楽しんでください!!

気になる方はこちら https://lombok-next.com/

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
eniciax

eniciax

エニシアは月額980円〜誰でもご利用いただけるデザイナーズ空間です。バリバリ仕事するあなたも、同じ趣味の人を見つけたいあなたも、 一人の時間を充実させたいあなたも、お気軽にお立ち寄りください。
 
一覧へ戻る
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ