エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

スタッフブログ

STAFF BLOG

St. Valentine’s Day

皆さんこんにちは静岡マルイ店です。

さて、もうすぐ2月14日『happy Valentine Day』ですね!

 

 

 

 

日本では、色々なお店や百貨店で素敵なラッピングに包まれたトリュフや生チョコレート等様々なチョコレートが売り場を華やかに賑わいます。そんな日本のバレンタインですが、海外では花束やジュエリー、バレンタインカードを主流とし、プレゼントされているんです。そんな世界のバレンタイン。その由来を調べてみました。

 

 

 

♦♦バレンタインの由来♦♦
(いくつかの説があるようですが、もっとも多く知られているものとなります。)

バレンタインとは、古代ローマのキリスト教司祭ヴァレンティヌスの英語読みした名前です。3世紀のローマ帝国では、戦争への士気が下がることを懸念した時の皇帝クラウディウス二世が、若者の結婚を禁じていました。若者が、戦争へと行きたがらない理由の多くは、自分の愛する者や家族を置いて行きたくないという思いからだったそうです。バレンティヌス司教は、そんな若者たちを憐れみ、内緒にし結婚をさせていました。ところがそのことが皇帝の耳に入ることになり、大逆鱗に触れ、迫害を受ける事になるのです。
当時のローマ帝国では、ミトラ教が主な宗教でした。キリスト教は迫害されていた為、更に迫害を受けることになりました。皇帝クラウディウス二世はヴァレンティヌス司祭に自分の非を認め、ミトラ教に改宗させようと迫まりましたが、司祭はそれを拒否したため、投獄された後、2月14日に処刑されてしまったのです。
その後、バレンティヌス司教は「愛の守護聖人」とし敬愛され、2月14日を「愛の日」記念日となったのです。

 

 

 

 

♦♦なぜ日本はバレンタイン×チョコレート?♦♦
主な諸説では、1932年に、神戸『洋菓子店モロゾフ』がバレンタイン用としてハート型チョコレートを販売したことがきっかけとなっているようです。
当時、このチョコレートに、「あなたの愛しい人にチョコレートを贈りましょう」とキャッチコピーをつけたところ大成功。それをきっかけとし、チョコレートを好きな人に贈るスタイルが出来上がったようです。その後、日本中のデパートやお菓子メーカーがキャンペーンを行いながら浸透していったようです。なのでチョコレートをプレゼントをするのは主に日本だけなんです。

海外では花束やアクセサリーを贈る方が多いそうです。チョコレートをプレゼントしたとしても、ほんのおまけのようなものなんだそうですよ。

 

 

♦♦️世界のバレンタイン♦♦

 

 

 

 

イタリア
『恋人達の記念日』
既に恋人同士のカップルがお互いの気持ちを確認しあってお祝いする日なんです。

 

フランス

『恋人や夫婦の日』
主にバラの花束をプレゼントするそうです。
ランジェリーや香水が贈られることも一般的。付き合ってないお相手にチョコレートやプレゼントを贈ることはないそうです。

 

アメリカ
日本と真逆で、男性が女性へとプレゼントされるようです。素敵なレストランを事前に予約し、花束にカードを添え、ジュエリーなどのプレゼントを贈ります。こちらでも花が最も重要なんです。

 

中国
男性が女性にバラの花束を贈るのが主なプレゼントの贈り方です。チョコレートはあくまでオマケ。豪華な食事ーやプレゼントの時もあるようです。

 

韓国
韓国では、日本からの影響により、ほぼ日本のように女性から男性へチョコレートを贈るそうです。プレゼントは大きなバスケットに派手目のリボンをかけ贈る方もいるんだとか。大人の方は香水や洋服を一緒に贈る方もいるようです。

 

イスラム圏
キリスト教文化だからと禁じられている国もあるようです。

 

 

 

 

♦♦最後に♦♦
いかがでしたでしょうか。

現在の日本では少しずつ変化し、友達や同僚、会社でお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めチョコレートをプレゼントするようになりました。自分自身へ高級チョコレートをプレゼントされる方もいらっしゃいますよね。数年経てば花束や、また違ったバレンタインになっているかもしれません♡
大切な人に日頃の感謝を伝えるために、チョコレートに限らず、海外のように花束に感謝を添え、プレゼントをしてみるのも良いですよね。是非、大切な人と素敵なバレンタインデーをお過ごし下さい

The following two tabs change content below.
eniciax

eniciax

エニシアは月額980円〜誰でもご利用いただけるデザイナーズ空間です。バリバリ仕事するあなたも、同じ趣味の人を見つけたいあなたも、 一人の時間を充実させたいあなたも、お気軽にお立ち寄りください。
 
一覧へ戻る
 
施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ