エニシア

シェアアビリティスペース【エニシア】

リクルート情報運営会社法人プランお問合せ会員専用SNSログイン会員登録
会員登録・お問合せについてお気軽にお電話ください

スタッフブログ

STAFF BLOG

本日、ご紹介するのはエニシアが大好きな

 

橋本 サツキ 様

 

です。

 

 

インタビュアーは名古屋エリアマネージャーの古川です。

 

エニシア伏見店と岐阜店を主に利用する橋本様。

大手企業を退職後、現在は自分のやりたい事の為に生きています。との事でした。

コミュニティサロン iDOBATA という団体に所属しており、今はその活動をボランティアで行っています。

色々なセミナーや勉強会を行っているという事で、普段、エニシアではその打ち合わせやセミナーの手配を橋本様はお手伝いしているんだとか。

 

 

橋本様は、その活動以外にも様々な事に興味がある様子。

 

それは「2020年のオリンピックに向けて英会話が出来る様になりたい」という事でした。

 

英語についてはほとんど話せないという事ですが、オリンピックに向けて外国の方が日本へ多くやってくる際

トイレや道に迷ったという方々へ、英語で答えてあげたい。という気持ちから生まれたものでした。

ただ、今の現状では英会話教室へ行く時間も見つけれないと悩んでいてた時に

エニシア交流会で出会った会員様と仲良くなった方がいらして、たまたま、その方が参加する「英語だけしか話してはいけない交流会」の情報を聞いたそうです。

橋本さん近々参加しようと考えているそうでした。

また、昨今話題の暗号通貨にも興味があり、弊社の中邨が開催するマネーセミナーや暗号通貨についても勉強したい。ともお考えでした。

 

今、出来る事かは分からないですが、橋本様が興味がある内容がエニシアには沢山ある事を非常に気に入っている。というお話を頂きました。

また、スタッフによるマッチングサービスも定評です。

※貸し会議室であるセミナールームもお値打ちな所も気に入られています。

特に伏見店の壁際にある白いソファーはお気に入りの様子だそうです。

そして、取材中によく出ていた「とにかく私はエニシアが大好きなんです!」という言葉だけでなく

 

 

とても、にこやかな笑顔で活き活きとお話下さる姿勢から、橋本様からエニシアを好き過ぎる気持ちが溢れ出ており

わたくしも思わず熱くなってしまい話し込んでしまいました。過去最長の取材時間でございました。

これだけエニシアが大好きである思いが伝わってくると、わたくしとしても何か協力が出来る事はないか?と探してしまい、今あるサービス全てを推してしまいます。

でも、我々は押し売りするのが目的ではなく、会員様一人一人が必要と思うサービスをご案内させて頂きたいので、少し頭を冷やしてご提案させて頂きました。

また、橋本様が求めている事に繋がる、会員様も近々マッチングさせて頂こうと思っています。

 

これからも、橋本様がご活躍される事に全力で協力させて頂きたいと心から思っております。

 

エニシア エリアマネージャー古川より

 

 

本日ご紹介させて頂く会員様は、

小森想太さんです。

小森さんは現在、浜松市の連尺で、「CAFEほーむすいーとほーむ」を経営していらっしゃいます。

 

こちらのカフェですが、普通のカフェではございません。

 

お昼は、自然食を提供するカフェ。

夜は、コスプレをした女性スタッフが接客を行ってくれる、コスプレカフェ。

 

昼と夜でサービスが異なる、2つの顔を持つカフェだったのです。

 

 

今回は、お昼に営業しているカフェを取材させて頂きました。

 

お店はエニシア浜松店から歩いて3分ほどのところにあります。

 

 

階段を上って2階に行くと、そこには素敵な雰囲気のカフェが。

 

 

天井にあるお花が素敵ですね。

 

店内にはボードゲームやゲームキューブ(懐かしい)もあり、

 

 

ワクワクするような空間でした。

 

 

ランチでは地元産の食材にこだわり、メニューを提供しているそうです。

 

今回はお店のオススメランチの「ハンバーグプレート」と、

週替わりメニューの「豚ロースの塩麹焼き」を頂きました。

 

 

 

まずはハンバーグから。

 

 

静岡和牛をふんだんに使用した180gと食べ応え満点です。

 

口に入れた瞬間から肉汁が溢れ出ます!

牛100%とあってお肉本来の味が楽しめます。

今までに食べたことのない触感にやみつきになりますよ!

 

お皿に添えられたわさびで食べるのも、

テーブルに置いてある岩塩をつけて食べるのも、

どちらもオススメです。

 

お肉をわさびで食べることはあまりなかったのですが、とても美味しかったです。

 

 

 

続いては豚ロースの塩麹やき。

 

 

とにかくお肉が柔らかい。

あっさりとした塩こうじの味付けと、豚ロースの相性が抜群です。

ごはんがこの上なくすすみます。

 

週替わりなのが非常に惜しい。

シェフのきまぐれなので、また食べられるときが来るのかも。

 

むしろそれ以外の週替わりメニューがとても気になります。

 

 

手づくりティラミスも頂きました。

 

 

盛り付けからすでに美味しそう。

ちなみに僕はティラミスが好きでよく食べます。

わくわくしながら頂きました。

 

お、、、美味しい。

とても、美味しい。

 

手作りということで、まずはその触感に驚きました。

こんなにふわふわなティラミス初めて食べました。

 

とても美味しいです。

ストロベリーソースが味に変化を与えてくれます。

ティラミスだけでも食べる価値アリですね。

 

なんとも豪華なランチでした。

ご馳走様でした。

 

 

その後、オーナーである小森さんにお店作りへの想いを伺いました。

 

 

「コンビニが普及していく中で、食品添加物を摂取する機会が増えてきています。

その結果、アレルギー発症や体調不良、不妊率・障害児の出生率が上がりました。

 

当店では、身体に優しく美味しい無添加の料理の提供と共に、’安全な食に対する知識’を若い世代の人たちに提供・普及させたいです。

今を生きる私達が健康になることで、これから生まれてくる子供たちの健康にも繋がっていけばいいと考えています。

 

そして、地元産の食材を提供することで、本当に体にあったものを食べて欲しいと思います。

 

お客様の健康をサポートし、地域の人が笑顔になれるカフェを目指したいです。」

 

 

いつもニコニコ笑顔の小森さん。

少しお話をするだけでとても元気をもらえます!

 

素敵なランチタイムを「CAFEほーむすいーとほーむ」で過ごすのはいかがでしょうか?

 

 

CAFEほーむすいーとほーむ

〒430-0939 静岡県浜松市中区連尺町313-31連尺クローバービル2F

TEL 053-454-0755

homesweethome1207@gmail.com

@homesweet7777

 

モーニング・ランチ営業

営業時間:9:00~17:00

営業日:月~金

定休:土日

 

 

2018年02月12日(月)

今回は会員の中尾誠さんをご紹介します!

中尾さんは最近大手スーパーの什器レンタル・管理のお仕事をされています。

そしてその傍ら、

今一番力を入れているのが『メンタルヘルスアドバイザー』の勉強です!

 

<集中スペースで勉強に取り組む中尾さん>

 

企業様の社員研修から、管理職の個別カウンセリングまでご対応いただけます。

 

 

中尾さんといえば、知る人ぞ知るかと思いますが

◆以前は「タスクール」での運営

◆「朝活ネットワーク名古屋」のコーディネーター

などなど、

それ以外にも様々な会社やコミュニティの運営経験と豊富な人脈をお持ちです!

 

注1:吹上のコワーキングスペース。

注2:開催200回を超える名古屋の朝活。全国的な著名人も登壇。

 

その経験をメンタルヘルスアドバイザーとして生かして行きたい

そんな想いで始められたそう。

 

 

そんな中尾さんの今後の目展望

今年58歳だから、定年の60歳から新しく起業してスタートを切る!!!

 

パワフルですね〜( ̄^ ̄)

『起業』は何歳でも関係ない。

むしろ経験豊富な中尾さんだからできる起業の形だなぁと感じました。

 

「ライフネット生命の元代表の出口治明さんもライフネット生命を60歳から立ち上げ、

現在は立命館アジア太平洋大学の学長をしているんだ・・・すげぇよな。」

と嬉しそうに話してくださいました^^*

 

<↑出口治明さん。中尾さんは出口さんを朝活に呼ぶのが夢だそうです!>

 

以上、まだまだパワフルに、

そして社会貢献を胸に邁進されている中尾誠さんでした!

2018年02月09日(金)

 

こんにちは、エニシア伏見店の河嶋です。

 

今回、はじめて会員様紹介ブログを担当させて頂くことになりました!

 

私が今回担当させて頂く会員様は、、

 

 

 

 

柴原隆宏さんです!

 

 

柴原さんは伏見店の固定席をご契約されている方で、

何度かお会いすることが多く、ご挨拶をしたことはあったものの

柴原さんが一体どんな方でどんなお仕事をされているかはっきりと知っておらず、、

ぜひインタビューを!とお願いすると、最初は少し戸惑ってらしたのですが快くOKを頂きました^^

 

 

柴原さんは、ここ10年ほど、ご自身で立ち上げた法務事務所を代表される行政書士さんです。

 

 

柴原さんの主なお仕事内容をお伺いすると

 

・会社設立、融資申請のサポート

・規約、契約書、公正証書内容証明の作成

・各種許認可手続

 

などの法務、士業を行っているそうです。

 

会社を設立し営業する際に必要となる国に提出する申請書の作成や

銀行に資金を借りる際に必要な届の作成、面接の仕方をレクチャーしてもらえるなど

本来、自ら行える業務ではありますが

知識や経験、時間のある柴原さんのようなプロの方にお任せすることによって信頼が生まれ

審査等も通りやすくなりますよね。

 

柴原さんも、そういったサポートをされている方のお一人となります。

 

そんな柴原さんに、お仕事をすることになったきっかけ、お仕事内容に対する思いを伺いました。

 

 

 

柴原さんにとって仕事とは、自由を求めるものなのだそうです。

 

柴原さんは、以前会社員として勤務されていたそうですが、

そんな中で、自分で自由に時間を使えて、自由に仕事のできる環境を求めて

ご自身で今の事務所を開業されたと言います。

 

 

自由を獲得することが、柴原さんの仕事に対する思いとして一番にあるようです。

 

それに加えて、自分と関わった人にも、自由に時間やお金を使ってほしいといった願いから

そのような人々への支援を行っているようです。

 

 

そんな柴原さん、実はもう一つのお顔をお持ちです。

 

一年ほど前に、名駅の柳橋付近にある

SALAD BOWLというサラダの専門店をオープンさせた方でもあるのです!🍅

 

みなさんご存知でしょうか、

このサラダボウルというサラダ、もちろん普通のサラダではありません。

 

「スプーンで食べられて、思わず嬉しくなる美味しさで、お腹いっぱいになる健康サラダ」

 

なのです!

 

お客さんの好みに合わせて、目の前でサラダを手作りしてくれます。

 

実際スタッフも行ってきました!

 

 

ロサンゼルスやニューヨークといったアメリカの都市ではすでに定着しており、

日本でも東京では割ともう有名となってきているこの「カスタマイズサラダ」ですが

それが名古屋に初めて上陸したのが、柴原さんの展開するこの「SALAD BOWL」なのです!

 

このサラダボウルは、別名「CHOPPED SALAD」といって

このように特殊なナイフを使って野菜をチョップして細かくします。

 

 

 

サラダのメニューは主に二種類に分けられ、

お店が考案しオススメする「SIGNATURE SALAD」

お客さん自身でお好みにカスタマイズする「CUSTOM SALAD」があります。

 

今回私は「SIGNATURE SALAD」の中の「MACK DADDY」という

キヌアや雑穀米の入ったメニューを食べました。

 

 

 

なんともボリューミーなのですこれが!

スタッフ間でシェアをしてもお腹が十分に満たされるほどです。

 

なのに健康的でとってもヘルシー。

まさに女性の味方です。

 

 

お店手作りのドレッシングでしっかりと味付けされているので

サラダや生野菜が苦手という方でも、ここのメニューでなら克服できるのではないかと思うくらいです。

 

人が健康的に生きていくことにおいて必要不可欠な「野菜」をしっかりととれるサラダ。
でもコンビニのものはおいしくないし
デパ地下のものは高いし
外で気軽においしく食べれるサラダ、且つ名古屋にまだない新感覚なサラダを生み出そうと考えた柴原さん。
その結果お店は成功し、店舗拡大も考え、今は愛知で二店舗目を企画中なのだそうです。

 

ぜひぜひ、皆さんも行ってきてはいかがでしょうか!

 

 

【店舗情報】

サラダボウル名駅店

名古屋市中村区名駅南1丁目15-20

営業時間 11:00am~8:00pm

Phone 052-485-5030

http://salad-bowl.co.jp

 

 

 

自由に働くをモットーとする柴原さんならではのビジネスのお話は

説得力もあり、聞いていて感心する部分がたくさんありました。

 

会社設立、規約や契約書の作成、公的融資、補助金、助成金の申請等

様々な申請手続きでお困りの方はぜひ、柴原隆宏さんにご相談をと思います!

 

そのような専門知識が無に等しかったこんな学生の私にも

とても分かりやすく説明して下さいました。

 

柴原さん、ありがとうございました!^^

 

 

 

 

 

 

 

2018年02月08日(木)

毎週木曜日は、岐阜店の会員さんのご紹介をさせていただいております。

 

今回は、2017年9月に会員登録されました

中村 美智子さま

をご紹介します。

 

インタビュアーはスタッフの三浦です。

 

中村さんは和傘の製造・販売を中心に、竹細工アクセサリーの制作・販売、整膚師、ゆめのたね ラジオパーソナリティなど様々な顔をお持ちです。

 

「岐阜県郷土工芸品として指定され、岐阜県が生産量日本一の和傘ですが、岐阜県民でも和傘そのものを知らない人も多いのが現状です。和傘を知っていただき、本物の良さや価値を感じていただきたいです。また、和傘作りにおいて古くからの製造技術の中には現代まで伝わらず失われてしまったものもあるので、昔の技術を復活させつつ、若い職人も育て伝えていきたい。」との和傘への熱い想いを持たれ活動されています。

 

インタビューをさせていただいた日も実際にご自身がお作りになった和傘をお持ちくださり、手に取らせてくださいました。これまで和傘を手にする機会がなかった私は、和傘の細部の繊細な作りや飾り糸の美しさ、竹のもつしなやかな力強さを目の当たりにし、とても感動しました。

 

 

これまでに和傘を手にしたことのない方はもちろん、これまで手にしたことがある方にも是非手にとっていただき、職人芸の美しさや竹の力強さを感じていただきたいと思いました。

 

活動拠点は東海3県を主とされています。

今後、エニシアでは和傘作りの体験会や講習会などを実施し、まずは東海地方の方に岐阜県の郷土工芸品である和傘を知っていただきたいそうです。

ただ、伝える上でやりたいことはたくさん思い浮かぶものの、それを形にすることは得意とされていないそうなので、エニシアを通じた人のつながり・ご縁の中で何かヒントを得たいと考えられているそうです。

 

今後、和傘職人の養成機関として和傘学校を設立したい、という夢をお持ちの中村さま。

今はその夢に向かって、まずは失われた技術の再興のために日々技術を磨くことと、和傘の良さを発信するラジオパーソナリティとしての活動に力を注いでおられます。

 

和傘のことを全く知らない人にも優しい眼差しと熱い情熱とで和傘のことや竹細工の良さを教えてくださる中村さま。初めてお会いしても、とても気さくに話してくださる笑顔の優しい方なので、もし岐阜店にてお見かけされた際は気軽にお声がけされてみてください。

中村さまの作られる和傘や竹小物に興味を持たれた方は以下のHPにてご確認ください。

 

岐阜和傘専門店 中村屋傘店HP

http://www.dyan.sakura.ne.jp/romanjyanome/

 

 

お忙しいところ、お時間をいただきありがとうございました。

今後の中村さまの夢を叶える場所としてもエニシアが寄与できるよう、尽力して参りますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

施設紹介
よくある質問
リクルート
運営会社
リクルート情報運営会社
Copyright © enicia All Rights Reserved.

エニシアカード提携店はコチラ